HOME>オススメ情報>4Dミート入りのキャットフードは避けよう!猫の安全を揺るがす危険食品

4Dミート入りのキャットフードは避けよう!猫の安全を揺るがす危険食品

ペットフード

危険視されている4Dミートとは?

キャットフードの安全性を確保したいなら、4Dミートと言われるものは絶対に避けなければいけません。4Dミートというのは、4つの「D」に関連する肉のこと。まずはDEADで、これは食品にする前に死んでしまっていた動物の肉を指します。そしてDISEASED、つまり病気を持っていた動物の肉のこと。DYINGというのは、死んでいなかったとしても、もはや死にかけていた動物の肉のこと。最後はDISABLED、障害があった動物の肉という意味になります。この4つのDから始まる英単語に関する動物の肉が使われているキャットフード、大事な猫に食べさせるわけにはいかないものばかり。4Dミートは猫の寿命を縮めてしまう、非常に危険な動物の肉なのです。

ネコ

国内における規制

人間の食品で言えば、日本国内製のものが品質が高く、信頼性も非常に高いですよね。ただ、キャットフードの安全性に関して言えば、国内製が何よりも勝るとは言い切れないのが実情です。日本国内のキャットフードの規制はまだかなり緩く、欧米のほうがより厳しく制定されています。だから、もしキャットフードと国で選ぶなら、一般的にはアメリカのものやヨーロッパのものを選んだほうが無難という考え方もあります。ただ、食品の原材料となるものが原産国のものであるとは限りませんので、アメリカ産、ヨーロッパ産だから問題ないというのも誤りです。最終的にはメーカーの信頼を頼るしかありませんから、どのようなモットーで製品づくりをしているか、ポリシーを調べる必要があるでしょう。